インプラントについて

インプラントとは、虫歯などで歯の根からすべてなくしてしまった場合、その歯の代わりに顎にインプラントつまり義歯を埋め込むものです。
人工の義歯には2本の根も付いていて、それを顎にまで届くように埋め込むことで、自然の歯と同じような役割を果たしてくれます。
自分の歯と同様に使えることから第二の永久歯という呼び方もあります。

1本の歯がなくなったときに、両脇があればブリッジという治療法があります。
両脇を合わせて3本いっぺんに一つのブリッジにしてしまうという方法が、今までずっと行われてきました。
結局真ん中の歯がないところは、まるであるかのように見えているだけで実際はありません。
ものを噛むときにはその両側の歯に大きな負担がかかるので、だんだん両側の歯も駄目になっていくというデメリットがあります。

その点インプラントを入れると、なくなったところに歯が復活したようなものなので、両脇も大切に使えばずっと健康でいられます。
つまり歯がないことで、だんだん歯がない部分が広がっていくということを防いでくれるのもインプラントの良い点なのです。

しかし今までは価格が高いということもあり、広がりがなかなかゆっくりでした。
しかし最近は、下手な入れ歯でも何十万もする時代です。
それならインプラントの方がずっと安く、歯にもいいということで人気となっています。
またインプラント技術の高い医師が、昔より多くなったことも、この広がりに拍車をかけているようです。